北海道に住もう 道北

北海道の中でも北に位置するのがこの道北地域です。北海道の冬をもれなく体験できるエリアでとにかく寒い。

冬の寒さは北海道県の中でも特に低く最寒月の平均気温が-8度以下となります。一見住むには適さない場所のようにも思いますがこの寒さに北海道の「らしさ」を求めて多くの人が移住してきます。


アイコンの説明

魅力
魅力

季節
季節

食生活
食生活

子育て
子育て

助成
助成

小ネタ
小ネタ


 

道北の名物
食生活
道北の名物


 北海道の道北地方と言うと、道央地方と同じく魚介類の名物がたくさんあるというような感じがしますよね。

 まさにその通りで、道央地方とはまた異なる美味しい魚介類の名物がたくさんあるんです。

・「タラバガニ」
 北海道に行くと、どこも名物はカニという感じがしますが、地方によって名物のカニは異なるようで、道北地方では「タラバガニ」が名物だそうです。
 道北地方では、「タラバガニ」が取れる時期なると、市場は活気づき、飲食店でも多く「タラバガニ」が見られるようになります。
 「タラバガニ」は、秋から冬の寒くなる時期が旬で、その時期の「タラバガニ」は身がギュッとしまっていてとってもおいしいですよ。

・「ホッキ貝」
 北海道以外でもお寿司屋さんなどでよく目にする「ホッキ貝」。
 実は、道北地方で多く取れる貝なんです。
 道北地方で「ホッキ貝」の漁獲量が一番多いのは、苫小牧市と言われていて苫小牧の名物とされています。
 本場の「ホッキ貝」は、大きいものでは10cm以上もあるそうですよ。
 また豊富町も「ホッキ貝」の産地とされていて、「ホッキ貝」を豊富に使った「豊富ホッキチャウダー」も有名です。


コメント