北海道に住もう 道央北部

道央の面積は北海道全体の2割強にすぎませんが、人口は北海道全体の6割にも及びます。
住宅支援制度も豊富ですがその分人気もあるスポットです。


アイコンの説明

魅力
魅力

季節
季節

食生活
食生活

子育て
子育て

助成
助成

小ネタ
小ネタ


 

スウェーデンヒルズ
季節
スウェーデンヒルズ


札幌近郊でありながら、北欧の豊かな環境を感じさせる「スウェーデンヒルズ」。
総面積約300万㎡(東京ドーム約64個分)の広大な敷地は、半分はゴルフ場で半分が住宅地。その3分の2は森林のまま保全され、毎日が森林浴です。
北海道石狩郡当別町に100年住宅として建てられた、耐久性の高いスウェーデンハウスは、ベニガラ色の外壁を基本にした美しい街並みです。
電柱が一本もない空間は、お隣の家との境界線も塀や柵ではなく、環境を損なわない生垣または樹木。
表情豊で、異国を思わす個性的な街並は、まるで絵本の中から現れたおとぎの国。一度訪れたら、きっと住みたくなってしまうでしょう。
6月にはスウェーデンでも盛大に行われる「夏至祭」、12月には聖ルシアに扮した子供達がろうそくを持って歩く「ルシア祭」が開催され、住人同士の交流が深められます。
「イースト地区」「ビレッジ地区」「ウエスト地区」の3つからなる地区には、溢れるほどの緑に加え、身近に潤いを満喫できる様々な公園が整備され、全てが遊び場になってしまう広大な自然は、子供を育てるには最適な環境です。

【スウェーデンハウスの特徴】
夏はもともと、気温も湿度も低く過ごしやすい北海道の夏ですが、スウェーデンヒルズは森に囲まれた丘の上なので、風もいっそう爽やか。エアコンがなくても快適に過ごせます。
冬は北海道の厳しい寒さから暮しを守るため、窓は3層ガラスの木枠サッシ。住宅全体が断熱材で覆われているので、部屋と廊下との温度差もなく、ここに住む人は意外と薄着です。
暖房器具はエアコンやファンヒーターではなく、北国らしい薪ストーブを楽しむ家庭が多いのも特徴です。

【スウェーデンヒルズの学区】
小学校は西当別小学校、中学校は西当別中学校。
高校は、札幌北高をはじめ、札幌開成・札幌国際情報・札幌北陵・札幌新川などの多数の公立高や、特別進学クラスが充実した私立高校が、1時間ほどで通学可能です。
また、スウェーデンヒルズから通える幼稚園、小学校、中学校の多くは、スクールバスを運行しているので通学も安心です。

【北海道街づくり功労者知事表彰】
北海道の自然を守りながら、ゆとりをもって計画されたマスタープラン。高台に映える個性豊かな家々が織りなす美しい街の景観。北欧の街角をお手本とした先進の街づくりが高い評価を得て、平成5年にを受賞。

【北海道まちづくり100選】
電線・電話線は全て地下埋設、クル・ド・サック法を採用した道路計画などが認められ、平成3年と4年連続で、「北海道まちづくり100選」を受賞。「21世紀に向けた街づくり」の代表例として選ばれています。


春には街中ルピナスの花が咲きほこり、秋にはひまわりでいっぱいになるヒルズの麓。
アカゲラの木をつつく音がこだまし、巣箱を出入りするリス、北キツネがひょっこり姿を現す環境は、都会では絶対に味わうことができない癒しです。
もともと北海道はスギ、ヒノキの花粉も少なく、pm2.5などの浮遊粒子状物質も少ないので、アレルギーを持った方にも最適な場所。
スウェーデンヒルズには、第二の故郷と呼べる時間が待っています。一生を捧げても後悔しませんよ。

まずは、無料宿泊体験施設で実感してみませんか。


コメント