北海道に住もう 道北

北海道の中でも北に位置するのがこの道北地域です。北海道の冬をもれなく体験できるエリアでとにかく寒い。

冬の寒さは北海道県の中でも特に低く最寒月の平均気温が-8度以下となります。一見住むには適さない場所のようにも思いますがこの寒さに北海道の「らしさ」を求めて多くの人が移住してきます。


アイコンの説明

魅力
魅力

季節
季節

食生活
食生活

子育て
子育て

助成
助成

小ネタ
小ネタ


 

北海道の冬について
季節
北海道の冬について


9月も中旬になってだんだんと涼しくなり過ごしやすくなってきましたね。季節は移り変わり、夏が終われば秋、そして冬がやってきます。
北海道の冬と言えば、雪がたくさん降ってとにかく寒いイメージがあるのではないかと思います。

北海道に移住するにあたって、冬の気温や降る雪の量なんかは知っておかないと、あとあと困るのではないかと思います。そこで今回は、北海道の冬についてお話ししようと思います。

まず、北海道の冬は寒く、氷点下になることも珍しくなく、たくさんの雪が降るのはたいていの人が知っていることだと思います。 寒いのが苦手な人ならその寒さだけもつらいのですが、その寒さや雪がもたらす問題は知っていますか?

最初は雪がたくさん降って積もっている光景が珍しく楽しめるかもしれませんが、それだけたくさんの雪が降ると除雪をしないといけなくなります。
仕事に行く前や終わってからなどはけっこう面倒だったりするし、年齢を重ねてくるとなおのこと・・・。シーズンの最初と最後の雪はけっこう重いから腰にきたりするんですよ^^;
お金を出せば業者さんがしてくれるので、業者さんに頼むのもひとつの方法ですね^^

古い家だと水道が凍結して出なくなることもあります。北海道の水道には「水落とし」という水道管の水を下に落として捨てる機能がついているし、最近の家は断熱技術が進んでいるのでそうした心配はないのですが、水落としをしても凍結してしまう家もあるようなので注意が必要です。
ちなみに凍結してしまったら業者に解氷してもらうのですが、これが1回数千円はかかるのです^^;

凍結といえば、水道だけでなく路面が凍結してしまうこともあります。主要道路は除雪も行き届いているので大丈夫なのですが、交通量の少ない一部の道路だと通行止めになってしまうこともあります。

乾いた氷はあまり滑らないので、夏と同じスピードで走っている車もあるのですが、道路が濡れたように黒く光って見える「ブラックアイスバーン」は特に危険!濡れたように見えても実は凍っているので、とても良く滑ります。余裕を持ってゆっくりと安全運転が一番!
%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%b3

そして、やっぱりこわいのが吹雪ではないでしょうか。強風が吹けば視界も悪くなるし、吹雪による道路通行止めもあり、最近では異常気象で吹雪がひどくなりがちなので、そういう時は用事がない限り家から出ないほうがいいかもしれません。
年に数回、猛吹雪で国道など幹線道路の通行止め、列車やバスの運行停止、飛行機の欠航遅延など、交通に大く影響することがあります。特に離島は船が欠航して食糧など島の外からの物資は入ってこなくなるので注意が必要です。

雪がたくさんふるとウィンタースポーツができて楽しめるのですが、それだけではないということも知っておいてほしいと思います。楽しいこともあるけど、こういった問題があることも知っておけば、覚悟もできるし、対策を考えておくこともできるし、移住してから「どうしよう~(汗)」と困ることも少なくなるかもしれませんよ!

コメント