北海道に住もう 道央北部、道央南部

道央の面積は北海道全体の2割強にすぎませんが、人口は北海道全体の6割にも及びます。
住宅支援制度も豊富ですがその分人気もあるスポットです。


アイコンの説明

魅力
魅力

季節
季節

食生活
食生活

子育て
子育て

助成
助成

小ネタ
小ネタ


 

道央
助成
道央




一般的に道央と呼ばれる地域は、北海道の主要部を指します。2010年国勢調査確定値(2010年全国都道府県市区町村別面積調)によれば、道央の面積は北海道全体の2割強にすぎませんが、人口は北海道全体の6割あまりに及ぶことがわかります。

 もともと田舎に住んでいる人からすると逆に栄えている土地もあるかもしれません。しかし都心部に住んでいた方にとっては、一気に田舎暮らしになるのではなく力加減をするポイントとして使えると思います。北海道の雄大な地でスローライフを送りたい、しかし快適便利な暮らしからは完全には離れられない、そんな方にお勧めの地域です。

 ここからは道央の各自治体ごとに移住・定住の支援制度を紹介します。

道央の北側、北海道のほぼ中央に位置する深川市では、移住体験、二地域居住、完全移住の全てをサポートしています。

居住を決めた方への住宅関連施策では、新築する場合には住宅建設提案事業として市のサポートが受けられます。住宅助成制度(まちなか居住等推進事業)では住宅を建設する方などに費用の一部を助成します。賃貸・売買住宅情報の提供も行っているので、空き家住宅の情報を知ることもできます。また市有地情報の提供も行われています。合併浄化槽設置事業も行われており、下水道事業区域外の合併処理浄化槽の設置・維持管理は市が行います。

職業関連施策も取られており、新規就農支援事業として、新たに就農しようとする 25~40 歳の方には支援金の交付などを行います(就農前に通常2 年間の農業研修が必要となっております)。空き地空き店舗活用事業助成制度では、市街地の空き店舗を活用して店舗を開設する方に費用の一部を助成します。

また深川市内に転入され住宅を建設・購入された方へ移住記念品として「玄米1俵」または「商品券」をプレゼントすることになっています。

 蘭越町ではマイホーム取得奨励事業、新規就農奨励金、就職奨励金、結婚祝い金、誕生祝い金など、町に定住することや町で農業を行うことを検討している方にお勧めのシステムがあります。

例えばマイホーム取得奨励事業は、蘭越町への定住を目的に自己が生活するための住宅を新築、建替え又は購入し、定住世帯の人員が二人以上で居住していることと、取得住宅を所有権登記していることの二つの条件を満たす方を対象に、新築、建替え、又は購入住宅の固定資産税相当額の5年間分を商品券で交付します。


 新規就農奨励金は町に定住する新規就農者で、農地法又は農業経営基盤強化法に基づき農地を取得し、又は農地の使用収益権を有している方が対象で、24万円分の蘭越町商工会商品券を交付するというものです。

 その他、Uターン者等で、定住する世帯の人員が二人以上の方には、一世帯当たり精米60kgが移住歓迎米として送られるなど様々なバリエーションの支援が行われています。

 新冠町には新冠町内に住宅を取得し、居住する方を対象とする定住・移住促進制度があります。町内に住宅を建設(建売新築住宅含む)し居住する場合、町内業者で建設した場合ならば40万円、町内業者以外で建設した場合ならば 10万円の奨励金を受け取ることができます。町内に新たに住宅を取得(住宅新築、中古住宅購入)し、そこへ引っ越すために係る費用は引越助成金として助成されます。

 由仁町には「やっぱり由仁定住応援金」があります。町に定住しようとする方を応援するため、住宅を新築する方や空き家を取得し改修する方に住宅新築応援金として「やっぱり由仁定住応援金」を交付します。

美唄市内には美唄市移住・定住促進助成制度があります。美唄市への転入を検討されている方を対象に助成を行っています。新築住宅、分譲住宅、中古住宅のどれを買うかによって、また子供の有無などによって条件は変りますが、最大150万円の助成を受けられます。詳しい条件はHPなどに掲載されています。150万円というと北海道内の他の移住・定住助成補助金の中でも多額なものになります。この地域への移住を考えていた方は、是非一度ご確認下さい。

その他、エリア内では日高町、安平町、長沼町、栗山町、室蘭市、伊達市、黒松内町など多くの自治体が移住者を支援するために移住体験の場を設けています。観光で訪れるのと生活するのとでは、条件は全く異なります。二、三日は新鮮で嬉しかったことが長期間住んでみると不便に思えたり、一日ではできないようなことが長期滞在することで経験できたりと、実際に試すことで見てくるものは沢山あります。移住体験では、土地の魅力を再確認するため観光的な要素を含んだものありますが、市内案内や衣食住など生活の観点から体験すると収穫が多くなるでしょう。


コメント